TOP > 性能に問題多いネット・通販の補聴器
 ← 確かに「盗人」は最後の一人までですね | TOP | エアコン、冷蔵庫、洗濯機…三洋が「白物家電」撤退検討

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


性能に問題多いネット・通販の補聴器 

2007年09月06日 ()
ネットや通販だと性能の良し悪しが分からないから困りますよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000506-yom-soci
ネット・通販の補聴器、性能に問題多い…国民生活センター

インターネットや通信販売で手軽に購入できる補聴器や集音器などの機器について、安全性や性能に問題があるものが多いことが6日、国民生活センターの調べでわかった。

補聴器は、薬事法に基づく「管理医療機器」にあたり、製造や販売について一定の基準が設けられている。集音器は、補聴器と同様、耳に装着して使うものだが、同法の基準外だ。

同センターでは、通信販売などで売られている補聴器5銘柄と集音器5銘柄の計10社10銘柄について、安全性や性能について商品テストを実施した。

対象の10銘柄のボリュームを最大にし、90デシベルの音を入力したところ、補聴器2銘柄と集音器5銘柄で出力の最高値が120デシベルを超えた。日本補聴器工業会では使用者の聴力を保護するため、自主安全基準で出力の最高値を120デシベル以下と定めている。また、補聴器は人の声を聞き取りやすいよう、一般的には周波数が1000ヘルツ以下の低音よりも、2000~3000ヘルツの高音を増幅する仕組み。しかし、補聴器2銘柄と集音器5銘柄の計7銘柄で、高音よりも低音の増幅が大きくなるようになっていて、聞き取りに適さないものもあった。薬事法では、補聴器に製造販売業者名の記載を義務づけているが、1銘柄で記載がなかった。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.06(Thu) 19:52] 一般Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 確かに「盗人」は最後の一人までですね | TOP | エアコン、冷蔵庫、洗濯機…三洋が「白物家電」撤退検討

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://breakingnews.blog89.fc2.com/tb.php/155-1859d183
 ← 確かに「盗人」は最後の一人までですね | TOP | エアコン、冷蔵庫、洗濯機…三洋が「白物家電」撤退検討

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。