TOP > リタリン保険適用外・・参ったな
 ← 次世代DVD、10万円切る製品 | TOP | 本当のうつ病患者には残念なニュース

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リタリン保険適用外・・参ったな 

2007年09月21日 ()
私は4年前からリタリンを服用しています。ほかにもいろいろな
抗うつ剤を服用しているのですが、服用後の効果はリタリンが
一番はっきりしています。このニュースどおりだと、これから
リタリンを処方してもらうのが難しくなりそうです。


リタリン 鬱病への処方除外 製造会社、乱用問題受け検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000117-san-soci

鬱(うつ)病や睡眠障害などの治療に使われている向精神薬「リタリン」(塩酸メチルフェニデート)を製造販売するノバルティスファーマ社(東京)が、同薬の適応(効能効果)から鬱病を削除する方向で検討していることが21日、分かった。

リタリンには覚醒(かくせい)作用や気分を高揚させる効果があり、依存症や乱用などの問題が指摘されている。同社は関係学会と協議しており、近く厚生労働省に正式に申請する見通し。同省は「申請があれば、専門家の意見を聞いた上で判断する」としている。同社によると、不適切な処方や使用が後を絶たないことや、ほかにも効果的な抗鬱薬が販売されていることを考慮。適応としている2つの病気のうち「難治性・遷延性鬱病」を削除する検討を始めたという。

脳波検査などの診断で処方されている睡眠障害「ナルコレプシー」は、今後も適応に残し、製造販売を続ける。

リタリンをめぐっては18日、東京都新宿区の診療所が適応外の患者に不適切に処方したとして、都が医療法に基づく立ち入り検査をしていた。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.21(Fri) 17:40] 一般Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 次世代DVD、10万円切る製品 | TOP | 本当のうつ病患者には残念なニュース

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://breakingnews.blog89.fc2.com/tb.php/185-a9d8119d
 ← 次世代DVD、10万円切る製品 | TOP | 本当のうつ病患者には残念なニュース

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。