TOP > 松坂、地元ボストンで初勝利
 ← ペ・ヨンジュン極秘来日の目的はプロデュース店視察 | TOP | キングコング梶原が結婚

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


松坂、地元ボストンで初勝利 

2007年04月23日 ()
松坂、8回途中6失点も本拠地初勝利!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000019-spnavi-base

うーん、良いんだか悪いんだか分からない登板試合でしたね。
まあ6失点だから、良くはなかったということでしょう。
見方の援護があったから、ラッキーな一勝といったところ
でしょうか。

7回0/3で108球だから、松坂にしては球数は少なかった
ですね。これで2勝2敗の5分に戻したから、次は納得の
いく投球をしてもらいたいです。

やはり注目されているわけだから、とにかく強いチームを
相手にしたときに、良いピッチングをしなければ意味がない
と思うわけですよ。弱いチーム相手にいくら勝っても評価
されないのではないですかね。


Yahoo!からの引用:

松坂、打線の援護に助けられて本拠地初勝利! レッドソックスの松坂大輔が23日(日本時間)、本拠地で宿敵ヤンキースとの3連戦最終戦に今季4度目の先発登板。8回途中6失点とヤンキース打線の洗礼を浴びたが、味方打線が奮起して、今季2勝目(2敗)を挙げた。また、レッドソックスの岡島秀樹が松坂の後を受けて登板したが、打者3人に対して1安打1四球でマウンドを降りた。

松坂は、初回にいきなり2死一、ニ塁からジアンビーに2点タイムリーを浴びる苦しい展開。3回にも再びジアンビーにタイムリーを打たれた。味方から逆転をしてもらって後も投球は安定せず、5回にはジーターのソロ、6回には連打から内野ゴロの間に得点を許した。結局8回途中で降板し、7回0/3を6失点、7奪三振、球数は108という内容。通算4試合での防御率は4.00となった。

試合は、レッドソックスの強力打線が大爆発。3点ビハインドの4回に、4番ラミレスから7番バリテックまで4者連続となるソロ本塁打で、一気に逆転に成功した。4者連続はチーム史上初。中盤に逆転された後の7回には、ローウェルのこの試合2本目のアーチとなる3ランで再び逆転。8回に1点を奪われたが、最後は抑えのパペルボンが試合を締めて7-6で勝利を収めた。レッドソックスは本拠地でヤンキース相手にスイープ(3連勝)。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.23(Mon) 15:16] スポーツTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ペ・ヨンジュン極秘来日の目的はプロデュース店視察 | TOP | キングコング梶原が結婚

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://breakingnews.blog89.fc2.com/tb.php/41-eef41b80
 ← ペ・ヨンジュン極秘来日の目的はプロデュース店視察 | TOP | キングコング梶原が結婚

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。