TOP > ブルーレイが優勢か
 ← 鍵を握るのは中途採用組か | TOP | ADD/ADHD

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ブルーレイが優勢か 

2007年04月24日 ()
ブルーレイがHDを圧倒=DVD販売でシェア7割-米誌
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000025-jij-int

次世代DVDといわれる「ブルーレイ」と「HD DVD」の競争だが、
ここまでのところ、ブルーレイが圧倒的優位に立っているようだ。

機能などは一長一短なので、ユーザーにしてみれば、どちらでも
良いわけだが、特許を取ったときに、特許料を受け取るか、
それとも支払うかで、雲泥の差がでてくるから、メーカーから
すれば、簡単に譲るわけにはいかないようだ。


Yahoo!からの引用:

米業界誌ホーム・メディア・マガジンが23日までにまとめた次世代DVDソフトの販売動向調査によると、ソニーが主導する規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」は今年1~3月に83万2530枚売れ、7割近いシェアを確保した。対抗する規格「HD DVD」は35万9300枚にとどまった。

同誌は「大手映画会社6社のうち5社がブルーレイを支持しているので、(両規格の)販売格差に意外感はない」としている。大手6社では、ソニーやディズニー、フォックスがブルーレイだけを採用するのに対し、HD単独採用はユニバーサルだけ。一方、パラマウントとワーナーは「二また戦略」を取り、両規格を併用している。

映画ソフトの販売ランキングで見ても、上位10本中8本をブルーレイ陣営が占めた。首位は、人気スパイ映画シリーズの最新作「007カジノ・ロワイヤル」(ソニー)で、販売枚数は推定5万9680枚。 

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.24(Tue) 13:52] 一般Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 鍵を握るのは中途採用組か | TOP | ADD/ADHD

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://breakingnews.blog89.fc2.com/tb.php/48-8f761e14
 ← 鍵を握るのは中途採用組か | TOP | ADD/ADHD

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。