TOP > 民間刑務所でソフトウェア開発
 ← Wikipediaの携帯版が登場、ますます便利に | TOP | 「母の日」今年は何を送ろうか・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


民間刑務所でソフトウェア開発 

2007年05月01日 ()
民間刑務所で Ruby によるソフトウェア開発者を養成、アウトソーシング業務を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000025-inet-inet

刑務所でソフトウェア開発者を養成するというのは
とても画期的です。手に高度な職をつけて出所後も
再就職がしやすいということで、時代も変わってきた
ようですね。当分は女性優先ですが、男性受刑者にも
教育していく予定だそうです。


受刑者の就労支援業務を行うプリズニーズは2007年5月1日、美祢社会復帰促進センターの新規開校に伴い、刑務作業としてソフトウェア開発を実施する、と発表した。

刑務作業としてのソフトウェア開発は、世界初の試みとのこと。

美祢社会復帰促進センターは、5月13日に開校する山口県美祢の民間刑務所。ソフトウェア開発ができる受刑者を育成、刑務作業としてソフトウェア開発アウトソーシング業務を実施するもの。

美祢社会復帰促進センターに収容される新居受刑者1,000名から60名を選抜、4か月間の職業訓練で開発に必要な基礎を学習、その後プリズニーズ社のプロジェクトに参加させる。8月以降、刑務所リソースを利用した Web サービスを展開する予定。

開発言語には、教育工数が低いフレームワークを持つ Ruby を採用するとのこと。また今回は、出所後の就職が困難な女性受刑者に限定して行うが、男性受刑者に対する教育も今後展開する予定だ。

プリズニーズでは出所後の受刑者の受け口となり、そのまま社員として積極的に採用していく。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.01(Tue) 23:26] 一般Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← Wikipediaの携帯版が登場、ますます便利に | TOP | 「母の日」今年は何を送ろうか・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://breakingnews.blog89.fc2.com/tb.php/63-0794d4f9
 ← Wikipediaの携帯版が登場、ますます便利に | TOP | 「母の日」今年は何を送ろうか・・

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。