TOP >
BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ツンデレTV、ついに発売 

2007年09月20日 ()
こういうのが欲しかったんです。発売日が待ち遠しいです。


[特集]ツンデレTV、ついに発売!!! 「ツン」から「デレ」まで、変化を徹底検証
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000010-bcn-sci

通称「ツンデレTV」として前評判が高かった、音声ナビゲーション機能搭載のポータブル・ワンセグテレビ「SEGNITY(セグニティ)」(イー・レヴォリューション)が9月28日、ついに発売される。WebBCNランキング編集部では一足早めに「SEGNITY」を借りて、「ツン」「ツンデレ」「デレ」へと変化するナビゲーション機能を徹底的に堪能してみた。

 定期入れサイズの「SEGNITY」は片手で持つことができるので、通勤・通学途中の電車の中でもワンセグ放送を視聴できる。カバンどころか、ポケットにも入るサイズだ。液晶サイズは2.7型で、最新の携帯電話のメインパネルと同じ程度の大きさ。「ポータブルテレビ」としてはやや小ぶりだ。液晶パネルの左右に3つずつの操作ボタンが配置されている。

 向かって左側に配置しているのが「MENU」「+」「-」の3つ。「+」「-」はボリュームや明るさ、チャンネルを調整する時に使用する。「MENU」は、「画面切替」「チャンネル一覧」「番組名表示」「音声多重」「音声言語」「字幕表示」の6つを設定できる。また、長押しすると画面のみを消し、音声だけを聴くことができる。

 右側には「CHANNEL」「VOLUME」「BRIGHTNESS(輝度)」の3つを配置。チャンネルや音量などを変える場合はそれぞれのボタンを押し、バーを表示させたうえで「+」「-」ボタンで調整する。

 上部には、電源ボタン、チューニングボタンを装備した。電源は「ON」「OFF」「HOLD」、そしてナビゲーション機能を利用できる「VOICE」に切り替えることが可能。電源をONにするだけで自動的に電波を探し始め、すぐに視聴ができる状態になる。

●最大の魅力はツンデレっ娘によるナビ!! 初めはつれないけれど……


 それでは音声ナビゲーション機能に迫ってみよう。「SEGNITY」は「ツンデレTV」とも言われるほど、ツンデレっ娘による音声ナビゲーション機能が最大のウリ。前面に配置してある6つのボタンを押すごとにツンデレっ娘が声をかけてくれる。ただし、「MENU」ボタンを1度押した時と、メニュー操作をしている時はツンデレっ娘が休憩してしまうので、がっかりしないように。

 どうやらこのナビゲーションはツンデレっ娘が隣にいて、一緒にテレビを見ている、という設定のようだ。「MENU」ボタンを長押しして液晶画面を消した後、再度「MENU」ボタンを押して液晶画面を表示。ここでツンデレっ娘から初めての言葉として「テレビでも見る気!?」とちょっと冷たい声をかけられる。

  購入当初は、ちょっと居丈高な「ツン」状態が続くが、一定の時間を越えると、態度が少し柔らかくなる。それも最初の一言は強気な言葉をかけるが、「言い過ぎたかな」とあわてて柔らかい言い方に変えるところがまさに「ツンデレ」だ。

 口調が「ツンデレ」に変化した後も長期間使い続けると、つっけんどんな「ツン」部分が抜けて、甘えた話し方「デレ」になる。同一人物なの!? と言いたくなるほど可愛らしい話し方で、「えいッ」なんてかけ声は幼さすら感じる。

 「ツン」「ツンデレ」「デレ」で、どのようにセリフが変化するのか、比べてみよう。例えば、「CHANNEL」ボタンを押した場合、「チャンネル変える気!? (ツン)」、「ちょっと本気!? まぁ…チャンネル、変えていいわ(ツンデレ)」、「どのチャンネルにするぅ? (デレ)」と変化する。特に、「デレ」状態でチャンネル調整をしている時の「チャンネル、変えま~す。えいッ」というセリフが可愛くてかなりツボ。

●「デレ」になるまで、何時間必要? ツンデレっ娘には時間をかけないと

 「ツン」「ツンデレ」「デレ」と3段階に変化していくわけだが、この態度が変わるキッカケは使用時間のようだ。残念ながらタイマーを使って正確に時間を測っていなかったので具体的な時間は分からないが、変化に要した乾電池の数で表現してみようと思う。

 「SEGNITY」は単4形電池4本で駆動する。メーカーはアルカリ乾電池を使用した場合の連続視聴時間は3時間ほど、と言っているが、実際使ってみて4-5時間ぐらい視聴できた。購入したばかりの状態で使い始め、乾電池を1度交換し、換えの電池残量表示がレッドになり、なくなる寸前ぐらいで使って「ツン」から「ツンデレ」に変化した。結果、計8本の乾電池を使用し、視聴時間は7-9時間ぐらいになった。

 では「ツンデレ」から「デレ」に変化するまでに、どのくらいの乾電池と時間が必要となるのだろうか。「ツンデレ」から「デレ」に変わるまでに8回乾電池を交換し、8回目の電池残量表示がレッドになる頃に「デレ」に変化した。「ツンデレ」から「デレ」までに使用した乾電池の本数は36本で、使用時間は40時間以上。「ツン」状態から数えると44本の乾電池を使い、50時間近く使い続けたことになる。つまりツンデレっ娘と仲良くなるには長い時間と、そしてたくさんの乾電池が必要、ということだ。

 電源は単4乾電池のほかに、PCのUSBポートからも給電することも可能なので、自宅やオフィスにいる間はUSB電源を利用したほうが経済的だ。なお、筆者が使用している間、乾電池を交換する時に使用時間のデータなどが消えるトラブルは起きなかったが、まれにデータが消えてしまうことがあるらしい。また、長時間ほったらかしにしておくと、1つ前の状態に戻るという嬉しくない機能も搭載しているので、注意が必要だ。

●ツンデレキャラが選べる!? 別売りのminiSDカードも発売予定

 もう少し「ツンデレナビ」機能を楽しみたい人は、本体右側面にあるminiSDカードスロットを活用しよう。10月28日からダウンロード提供開始予定の無料の「SEGNITY」専用カスタムソフトをダウンロードして、画面オン時、画面オフ時、チャンネルや音量変更時など、各操作時に合った33種の音声や64種の画像をそれぞれ指定し、それを保存した別売りのminiSDカードをスロットに差し込むと、自分だけのオリジナルワンセグテレビにカスタマイズできる。キャラクターに限らず、ペットや恋人・家族の写真や声を設定しても楽しい。

 さらに、専用miniSDカードも発売する予定で、「SEGNITY」専用のminiSDカードを差し込むと、ナビゲーションの音声ファイルを入れ替えることができる。また、「ツンデレナビ」機能を利用できる「VOICE」モードの場合、ワンセグ受信中に、女の子2人のイラストが表示されるが、このイラストも変更できるという。専用miniSDカードの発売時期や、価格、ラインアップなどは未定だが、好きな声優のツンデレナビゲーションを楽しむことができるようになるかもしれない。自分好みのツンデレっ娘でワンセグを楽しもう。(BCN・山下彰子)


◎「ONE-SEG TV SEGNITY」について

 シャープ製チューナーとICを採用し、2.7型液晶を搭載したワンセグテレビ。世界で初めて使用時間などによって変わる音声ナビゲーション機能を搭載し、別売りの専用miniSDカードを差し込めば音声を変更することが可能。0.3Wのモノラルスピーカーを内蔵するほか、3.5mmステレオミニジャック、外部アンテナ入力端子を装備する。電源は単4形電池4本のほか、別売りのUSBケーブルを使えばPCのUSBポートから給電可能。本体サイズは幅99×高さ61×奥行き22mm、電池を除く重さは約90g。カラーはブラック、クールグレイの2色。


■関連記事
イー・レヴォリューション、やっと出ます「ツンデレTV」、9月下旬に
ケータイに続け! ワンセグ対応で活気づく次のデジモノは?
タカラトミー、世界初の「ツンデレ」TV、定期入れサイズでまもなく発売

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.20(Thu) 18:41] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


シャープがパイオニアの筆頭株主に 

2007年09月20日 ()
有名な大手企業がどんどん吸収・合併していきますね。

シャープ、パイオニア筆頭株主に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000082-zdn_n-sci

シャープとパイオニアは9月20日、資本・業務提携すると発表した。シャープはパイオニアの第三者割当増資を引き受け、パイオニアの筆頭株主になる。

パイオニアは12月20日付けで415億5000万円の第三者割当増資を実施し、新株3000万株をシャープが全株引き受ける。シャープはパイオニア発行済み株式の14.28%を保有する筆頭株主になる。

家電業界では、松下電器産業の子会社だった日本ビクターとケンウッドが2008年に経営統合を予定。再編の動きが本格化する。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.20(Thu) 18:06] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「ランクル」四駆の頂点へ進化 

2007年09月19日 ()
ランドクルーザー買いたいけど、ちょっと値段が・・・

トヨタ自動車「ランクル」四駆の頂点へ進化 悪路ラクラク、超低速機能
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000003-fsi-bus_all

トヨタ自動車は18日、同社最上級SUV(スポーツ多目的車)「ランドクルーザー」を9年ぶりにフルモデルチェンジし、発売した。10月から順次世界100カ国以上で販売し、2008年に世界で10万台以上の販売を目指す。

ランドクルーザーは1951年に発売した「ジープBJ」が初代モデル。卓越した悪路走破性が評価され、これまでの56年間に100カ国以上で510万台を販売している。

新型ランドクルーザーは、岩石路や砂地路、市街地での急坂などでエンジンとブレーキを自動制御し、速度を1~5キロメートルという低速に維持する機能を世界で初めて搭載。優れた車両安定性を確保し、運転者はアクセルやブレーキを意識せず、ハンドル操作だけに集中できる。V型8気筒4700cc、288馬力のエンジンには、効率的な燃焼を実現する連続可変バルブタイミング機構を導入して燃費を改善、ガソリン1リットル当たり6・6キロを達成した。

渡辺捷昭(かつあき)社長は「悪路走破性の進化と市街地での快適性向上を両立させた四輪駆動車の頂点」と、性能の高さを強調した。

価格は470万~540万円。本格的な四輪駆動車にあこがれるドライバーやアウトドア志向の家族などを対象に国内販売は月間700台、年内には3000台を目標にしている。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.19(Wed) 10:28] 経済Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


NY株急反発 

2007年09月19日 ()
これに合わせて日経株価も上がるのでしょうか。

米FRB、政策金利の0・5%引き下げを決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000102-yom-bus_all

米連邦準備制度理事会(FRB)は18日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、短期金利の指標となるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を現行の年5・25%から0・5%引き下げて年4・75%とすることを決めた。

公定歩合も0・5%引き下げて年5・25%とした。FF金利の引き下げは、2003年6月以来、4年3か月ぶり。

低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」の焦げ付き増加による金融市場の動揺が続くため、利下げで景気の下支えを狙う。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.19(Wed) 07:49] 経済Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


お茶戦争 

2007年09月17日 ()
外国の地で、日本のメーカーが「お茶戦争」するのって興味深いですね。

タイで「お茶戦争」 キリンに続きサントリー進出 東南アジアの拠点に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000002-fsi-bus_all

タイで日本の飲料メーカーによる「お茶戦争」が勃発(ぼっぱつ)する気配だ。国内市場が飽和状態のため、東南アジアの拠点としてタイに注目が集まっている。バンコクでは昨年、キリンビバレッジが緑茶を投入。今月にはサントリーも事務所を構え、ウーロン茶の投入に向けた準備を開始した。先発の味の素や現地の日本食業者がある程度地歩を固めているが、健康ブームなどの後押しもあって市場拡大をにらんだ動きといえる。

「お茶市場のシェア3位を安定してキープしたい。将来的には周辺の東南アジア各国にもマーケットを広げたい」

キリンビバレッジのタイ法人、能宏彰(のう・ひろあき)社長は意気込む。同社は昨年4月、日本でも売られている人気商品「生茶」をタイに投入した。タイ人の好みを意識して味も甘く加工し、現地の人気歌手を使ったCMを展開するなど市場への食い込みに必死だ。健康ブーム、日本食ブームや、経済成長を背景に茶飲料が急速に認知されていることが参入の判断材料となった。

タイの清涼飲料市場で、茶飲料のシェアは5年前にはほとんどゼロだったが、現在は約7%。昨年の茶飲料市場規模は40億バーツ(約148億円)。茶飲料が爆発的ブームになった2005年には70億バーツ(約259億円)にまで膨らんだという。

キリンビバの現在のシェアは約10%。「05年の大ブームは去ったが、今後も成長は期待できる」(能社長)という。

タイの茶飲料トップは、現地の日本食業者「OISHI(おいしい)」で、04年に投入した「緑茶OISHI」は05年の緑茶ブームの牽引(けんいん)役となった。現在も緑茶市場で60%のシェアを持つ。現地に進出して50年近い歴史を持ち、高い知名度を誇る味の素が緑茶飲料「鮮茶」をキリンに先駆けて04年に投入。10%のシェアを目指す位置につけている。

一方、サントリーはバンコク事務所を立ち上げ、今月7日には現地の果汁飲料トップの「Tipco F&B社」と資本提携を発表した。「来秋にはサントリーブランドの茶飲料を出したい。念頭にあるのはウーロン茶」(広報)という戦略だ。

迎え撃つ側は、「ウーロン茶はタイでは中華料理店でしか見ない。タイ人の口にどこまで合うか」(能社長)、「茶飲料業界はすでに寡占。進出が遅いのでは」(OISHIショップのクン店長)と牽制(けんせい)する。それでもサントリーは、「タイで足場を固めた後、バンコクを拠点にして他の東南アジア各国の展開も考えていく」(広報)としている。(赤堀正卓)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.17(Mon) 12:57] 経済Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。